弁護士による契約書作成、チェック

1.各種の契約書を作成します

  • 仕事上の取引や、お客さんとの関係について、きちんとした契約書を作成したいけれどどうしたらよいか分からない。
  • 後になって揉めないように、契約内容をはっきり書いた契約書を作っておきたい。
  • 市販の契約書の雛形の通りではなく、特別な内容もきっちりもりこみたい。

最近、このような相談を受ける機会が多くなっています。
弁護士は一般に「トラブルが起きてから相談を受けて裁判をする」という仕事をしているイメージで見られがちですが、私たちは、

トラブルになる前に、無用なトラブルを防ぐ(予防)

ことこそ何より大切だと思います。ちょうど、虫歯にならないように歯磨きをすることが大切だというのと同じです。

そして、後日トラブルにならないように、内容が明確で、起こりえる色々な事態に備え、法律的にも効力の確かな契約書を作るとなれば、弁護士が契約書を作成することが何よりです。なぜなら、弁護士は、各種のトラブルを実際に裁判等で解決してきた経験があり、契約書のどのような表現によって、トラブルを防ぎやすいか、逆に、どのような表現をすればトラブルになりやすいかについての判断に明るいからです。

 

2.迅速に作成し、非定型の内容でもお受けします

商取引の場合など、急ぐ場合も多いと思います。私たちは、できるだけ、迅速に、しかも正確な内容で契約書を作成します。

また、非定型の内容(市販やネットで見つかる雛形の通りでないものなど)こそ、弁護士が関わって作成する必要性の大きいものですので、もちろんお受けできます。

たとえ細かな部分でも、契約書に記載することが有益で、後日トラブルになる可能性を減らすことに役立つならば、契約書できちっとフォローしておきたいものです。契約書に盛り込みたいことを全て、弁護士にしっかりとお伝え下さい。

 

3.契約書のチェック

  • 取引先から契約書の締結を迫られているが、自分たちに不利はないか、弁護士にチェックして欲しい。

このような相談もたくさん寄せられます。

契約は一度結んでしまうと、原則として「書いてあるとおりにしなければならない」という効果を持ちます。ただし、消費者契約法などによって、「書いてあっても、文字通り適用されるわけではない。」というものもあります。

契約に関する解釈や、契約の効果はどのようなものか、ということについては、気になる点があれば、弁護士のチェックを受けておくことをお勧めします。
これも、トラブルの防止のため、また、安心して生活するために役に立つことです。

 

4.費用

契約書作成・チェックの対象となる契約が、どのような規模のものか、どれくらいの複雑さを持っているか、によって、依頼者の方と協議させて頂きます。
この点について、事前に費用の見積もりをさせていただきますので、遠慮無くお尋ね下さい。

契約書作成 1通 5万4000円~
(内容、及び、契約に関する経済的価額に応じます)
 契約書チェック 1件 1万0800円~
(調査にかかる時間等に応じます)