離婚事件について Q3

 Q.私は、5年前に夫と結婚し、夫との間には2歳になる長男がいます。夫が育児に協力してくれないため、長男が誕生してから夫とは喧嘩を繰り返すようになり、夫からは離婚の話も出てくるようになりました。
 夫は半年前から家を出ており、現在夫とは別居していますが、私としてはまだ幼い子どももいるため、離婚をするつもりはありません。
 ただ一つ気になっているのは、昔夫と喧嘩をしたときに、いきおいで離婚届に署名をしてしまったことがあることです。結局、その時は子どものためにも二人で協力して頑張っていこうということになったのですが、その時の離婚届を現在夫が持っています。私は何度も離婚するつもりはないから破棄して欲しいと頼んだのですが、夫はあとできちんと破棄しておくと言うだけで破棄せず、そのまま家を出て行くときに持って行ってしまいました。もし夫が勝手に離婚届を提出したらと思うと不安でなりません。どうしたらよいのでしょうか。

 

  A.

 協議離婚が有効に成立するためには、双方が離婚意思を有していることが必要ですが、これは離婚届を作成する時だけでなく、協議離婚の届出時にも必要であるとされています。  

 相談者の場合、そもそも相談者が離婚届の作成時に離婚意思を有していたのか問題となりますが、それをおいても、離婚届の提出前に離婚意思がないことを明確にしているため、その後夫が相談者に無断で離婚届を提出してもそれは無効で、協議離婚は有効に成立しません。  

 しかし、役所の受付担当者は、届出時に離婚意思を有しているのかを確認できませんから、形式的に整っている離婚届が提出されると受理されてしまいます。  

 離婚届が受理されると、協議離婚が有効に成立したと扱われてしまうので、相談者が協議離婚の無効を争う必要があります。  

 具体的には、家庭裁判所に協議離婚無効確認の調停を申し立てることになります。そこで、協議離婚が無効であることについて協議が整えば、それに基づいて裁判所が調査を行い、審判し、審判が確定すればその旨の届出を役所にすることになります。  

 もっとも、無断で離婚届を提出するくらいですから、調停で協議が整わないことも十分に考えられます。その場合は、家庭裁判所に協議離婚無効確認の訴えを提起する必要があります。  

 このように、一旦離婚届が受理されてしまうと、その無効を争うためかなりの労力が必要となります。  

 そこで、それを未然に防ぐために協議離婚届出不受理申出制度というものがあります。これは市区町村長に対し、自分自身が窓口に来たことを確認できないときには離婚届出を受理しないよう申し出る制度で、これにより離婚意思に基づかない届出を防止することができます。  

 相談者の場合もすぐにこの申出をすることをおすすめします。もし申出が間に合わなかった場合は、先に述べた方法で協議離婚の無効を争っていくことになります。