相続について Q1

Q.先日、私の夫が亡くなりました。相続人は、私と2人の子です。遺言はありません。夫が残した財産の中に銀行預金があるのですが、遺産分割協議が成立しないと預金の払戻いを受けることはできないのでしょうか。 

 

 A.

 判例上、預金などの金銭債権は、相続開始と同時に当然に分割され、各相続人は法定相続分に応じた権利を取得するとされています(最高裁平成16年4月20日判決)。  

 これは、預金は遺産分割の対象にはならず、遺産分割を経なくとも各相続人は、法定相続分に応じた預金の払戻しを銀行に請求できることを意味します。  

 そうすると、本件では遺言はないということですから、あなたには法定相続分に従った2分の1について預金の払戻しを受ける権利をすることになります。

 ところが、実際には、あなたが単独で銀行に預金の払戻請求をしても、銀行は相続人全員の同意書や遺産分割協議書の提出を求め払戻請求に応じないことがあります。

 このような場合に、あなたが預金の払戻しを受ける方法としては、(1)相続人全員の同意書を提出して払戻請求を行う、(2)預金も遺産分割の対象とした上で、遺産分割協議を成立させる、ということできれば、最もスムーズです。  

 しかし、このような場合に、銀行が相続人単独の払戻請求に応じないのは、単に相続人間のトラブルに巻き込まれたくないなどの銀行の都合にすぎませんから、銀行に対し払戻しを求めて訴訟を提起することは可能です。

 また、代理人として弁護士を依頼して、銀行に請求すれば、相続人単独の払い戻し請求に応じた支払に銀行が応じる場合もあります。