相続について Q2

Q.私には、数年前に離婚した元夫がいたのですが、最近元夫の再婚相手から元夫が亡くなったため、遺産分割協議を行いたいという連絡が来ました。私には元夫との間に息子が2人いるのですが、2人ともまだ成人していません。このような場合、どのように遺産分割協議を進めたらよいのでしょうか? 

 

 A.

 離婚した場合、妻であるあなたには相続権はありませんが、お子さん達には相続権があります。そのため、お子さん達が相続人として遺産分割協議に参加していくことになりますが、お子さん達は未成年者ですから、遺産分割協議書を作成する場合、親権者であるあなたがお子さん達に代理して、遺産分割協議書に署名・押印することになります。  

 ただ、お子さん達は、相続人同士で形式的には利害が対立する関係にありますから、あなたが両方の息子さんを代理することはできません。このような場合に、遺産分割協議を進めるには、どちらか片方の息子さんについて、特別代理人をつけて、その特別代理人に遺産分割協議に参加してもらうことが必要です。なお、特別代理人は、お子さんの住所地の家庭裁判所に特別代理人選任申立を行い、裁判所に選任してもらうことになります。