相続について Q3

 Q.父が亡くなりました。相続人は私と兄の2人です。父の預金の履歴を調べたところ、父の生前、明らかに兄によって大金が引き出され流用されていると思われる記録が見つかりました。
 これは「特別受益」にあたりますか。それとも、別の方法で、兄に何らかの責任追及をすることができるでしょうか。

 

 A.

 「特別受益」とは、ある相続人が、被相続人から受けた遺贈又は(婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本としての)贈与のことです(民法903条)。

 お兄さんが預金を引き出したのが、お父さんからの贈与にあたる場合は「特別受益」になる可能性があるということになります。  

 もし、「特別受益」にあたる場合には、その分を遺産分割の際に計算に入れて、相続人同士の間で公平になるようにすることができます。

  では、お兄さんが無断でお父さんの預金を引き出しておられたならどうなるか、というのが問題です。  

 この場合は「特別受益」にはあたりません。お父さんからの「贈与」でさえもなく、お兄さんが勝手にお父さんのお金を自分のものにして使ってしまった、ということになるからです。  

 亡くなったお父さんの立場からすれば、お兄さんに対して、「勝手に引き出したお金を返してください」という請求が可能です。  

 法的な理屈としては、不法行為に基づく損害賠償請求権、または、不当利得返還請求権による請求が考えられます。  

 相談者の立場でいえば、お父さんがお兄さんに対して持っていた「不法行為に基づく損害賠償請求権」(または、「不当利得返還請求権」)を2分の1の割合で相続したとして、お兄さんが流用した金額の2分の1をお兄さんに請求することが考えられます。  要するに「使ってしまった額の2分の1は、弟である私に払ってください」と請求できるということです。  

 これは、遺産分割調停や審判で解決することは通常出来ず、民事訴訟により解決を図ることになります。  

 この場合,引き出されたお金の実際の使い道についてはお兄さんしか分からないということも多いと思います。

 ただ,引き出された金額が,お父さんのためのお金(生活費や必要な出費)と明らかに違うほど多額であるような事情がある場合は,お兄さんが自分のために流用したと推測される場合があります(裁判所もそのように推定して,損害賠償請求などを認める場合があります)。