交通事故について Q3

Q.交通事故に遭い負傷しました。
  後遺症があり、認定を受けるために後遺障害診断書を保険会社に提出しましたが、「非該当」として後遺障害が認められませんでした。
  自分では後遺症があると思っており、医師にもそういわれているのですが、「非該当」は納得いきません。
  このような場合どういう方法があるのでしょうか。

 

 A.

 お尋ねの「非該当」とは、自賠責調査事務所による後遺障害等級認定で、あなたの症状が1級~14級の分類される「後遺障害」には該当しない、という認定がなされたということです。  

 これに不服がある場合には、異議申立ができます。  

 弁護士の経験上、異議申立をして認定が変わる場合も時々あります。   

 異議申立をして変わる場合はどういう場合かといえば、はじめに等級認定を受けたときに、十分な資料を提出できていない場合が圧倒的に多いです。   

 たとえば、「後遺障害診断書」だけでは不明であるが、診療録(カルテ)などを出せば治療経過や本人の症状の推移が詳しく分かり、後遺症が確かに存在することが確認出来る場合などがあります。   

 このようなとき、異議申立をしてより詳しい資料を出すことによって、認定が変わるケースがあります。   

 もちろん、異議申立をしても認定結果が変わらないケースは多いのですが、納得のいかない場合には弁護士に相談して、もともとの等級認定が妥当か、それとも異議申立をして変えられる見込みがあるかを検討することをお勧めします。   

 また、後遺障害診断を受ける前から弁護士と相談をすることによって、後遺障害の等級認定を受ける際に提出するべき資料をチェックして漏れの無いようにすることで、適正な等級認定がされやすくすることも可能です。