交通事故について Q5

Q.交通事故にあって保険会社担当者と補償について自分で交渉をしています。このたび、保険会社から、支払金額の提示をもらいました。 提示された金額が妥当かどうか、妥当でないとすれば幾らが妥当かということは、弁護士に相談すればすぐに答えてもらえますか?

 

A.

 保険会社から提示があるという段階ですから、多くの場合は、治療が一段落し、後遺障害があるかないかなどが分かっている状態だと思われます。

 そうであれば、少なくとも、提示金額が妥当かどうかの判断はすぐにできると思います。

 また、全体の金額について、概算で、相当と見込まれる金額を答えることも可能だと思います。

 ただし、お互いに争いのある点(例えば、事故の過失割合など)は、その後、変動の可能性がありますから確定できません。考えられる金額や割合の幅を答えることになるでしょう。

 そのほか詳細な証拠資料が必要な点(具体的な出費内容など)は、資料を精査したうえで正確な金額を見積もることになるのですぐにとはいかないと思います。

 以上の通りで、保険会社の提示が妥当かどうかは判断できますし、おおよそ妥当な金額(あるいは妥当と考えられる金額の幅)はお答えできると思います。