交通事故について Q6

Q.交通事故に遭い受傷し通院中です。
  相手方の保険会社からは、「もう事故後6ヶ月になるので治療を打ち切って下さい。」「症状固定としてください。」と言われています。
  現在も、痛みなどの症状を残していますが、どうしたらいいでしょうか?
    また、症状固定とは何のことですか?

 

A.

 交通事故による受傷について、相手に損害賠償を求めることができる治療費は、原則としては「症状固定」までの分とされています。
 「症状固定」とは、医学上一般に認められた医療を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態をいいます。
 人の体なので、厳密な意味で「固定」するということはありません。ただ、治療によって改善する幅が狭くなり、目に見えた改善がない状態になれば、おおよそ「症状固定」と言われます。
 その「症状固定」の時期を誰が判断するかといえば、患者本人でも保険会社でもなく医師です。
 ただ、例えば、頚部捻挫などであれば症状固定時期の一つの目安として6ヶ月くらいを考えることが多いです。
 被害者としても、医師と相談の上、医師が症状固定と考えても良いという時期になれば、その時点で残っている症状は「後遺障害」として、その「後遺障害」に対応する損害賠償を請求することを考えるという判断をしていくことになります。
 後遺障害は、医師に「後遺障害診断書」を書いてもらい、それをもとに自賠責請求して、後遺障害として認められるか、認められるとして何級か(1~14級)の判断を求めることになります。
 以上が一般論ですが、いつ医師と「症状固定」の相談をするべきか、「後遺障害診断書」を書いてもらうことをどのように頼むべきか、ということについてはやはり悩むことは多いものです。この点、弁護士に相談していただければ適切なアドバイスをさせていただくことができます。