その他のご質問 Q7

Q.(1)隣の家の敷地から木の「枝」が境界線を越えて私の家の敷地まで伸びてきて、秋になると落ち葉が降り積もって困っています。
    伸びてきた枝を切ってもらうよう、隣の方に請求することはできるのでしょうか?
(2) 隣の家の木の「根」が境界線を越えて私の家の敷地まで伸びてきて困っています。
    伸びてきた木の根を私が勝手に切っても良いのでしょうか?

 

A.

(1) 民法の規定によると、隣地の竹木の「枝」が境界線を越えるときは、その竹木の所有者にその枝を切ってもらうよう請求できます(民法233条1項)。
    したがって、境界線を越えた枝を切ってもらうよう、まずは隣の方に申し出てみてください。
(2) 同じく民法の規定によると、隣地の竹木の「根」が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができるとされています(民法233条2項)。
    民法が竹木の「枝」と「根」で異なる定めをしていることから、相談者の方で境界線を越えた根を切ることも一応可能です。
    もっとも、無用な近隣トラブルを避けるためにも、境界線を越えた根を勝手に切るのではなく、「枝」の場合と同様、まずは隣の方に対応してもらえるよう申し出てみるのがよいと思われます。