スタッフのコラム

ラジオ体操(弁護士村上英樹)

先日たまたま見たTV番組で、ラジオ体操についての特集がありました。

「今でしょ」の林修先生が出ている番組ですが、ラジオ体操について中村格子さんとい う方が分かりやすくノウハウを解説してくれるというものでした。

その番組を見ながら、私もラジオ体操を実際にやっていました。 ラジオ体操のそれぞれの動きについて、ポイントとなる部分を意識すると、体操をしたときの心地よさが随分変わりました。

仕事も、あるいは、私たちが扱う事件も、これに共通するところがあって、表面的な部分を処理するだけではなく、「ポイントとなる部分はどこか」をじっくり考え、意識することによって、良い解決に繋がったり、あるいは、依頼者の方が精神的に随分楽になることがあります。

特に、事件で、当事者の立場になると、その事件に関することは全て、たとえ些細なことでも気になってしまい、精神的にも疲れてしまう状態になりやすいものです。

これは私でも個人のことではそうなのです。自分の健康のことなどになれば、端から見れば「何もそんなこと気にするようなことでもないのに」ということをついクヨクヨと悩んでしまったりするのです。

なので、そのひとの抱えている課題について、「この部分が重要」「ここの部分はそれほど気にしなくて良い」ということについて、ちゃんと伝えられるということは弁護士にとって大事な要素の一つです。

それが出来るためには、とりあえず出さなければならない書類の作成に追われる、というような心境から離れて、静かに、感覚を研ぎ澄まして、その事件のことを考えてみる、ということが何より重要です。

このことは、私が意識して心がけていることです。(意識しなければ、誰でもつい、日常の業務に追われ続ける状態に陥りがちです。) また、ラジオ体操の伝道師(?)中村さんも、きっと、ちゃんとラジオ体操を研究したからこそ、ポイントを分かりやすく伝えられるのでしょう。

それと同じく、皆様に「ポイントを分かりやすく伝えられる」ために日々勉強・研究を怠らずにやっていこう、と改めて思った次第です。

                             弁護士 村上英樹