スタッフのコラム

観月の夕べ (弁護士 安藤秀昌)

先日,皆既月食がありました。

月が地球のかげに隠れて,完全に見えなくなるというものです。

 

月といえば,昔,京都のあるお寺で,観月の夕べという催しに行ったのを思い出します。雅楽の演奏が聞こえるなか,抹茶と和菓子をいただきながら,満月を眺めるものです。一般観光客向けの気軽なものでしたが,思いのほか風流で,心が和んだのを覚えています。

日常生活でわざわざ意識して月を見ることはほとんどありませんが,夜,なんとなく空を見上げたときに,満月がきれいに見えたりすると,ちょっと得した気分になります。

 

先日のような皆既月食は,きれいに出ている満月を見るのではなく,満月が隠れているのを見るという,よく考えると不思議なお月見です。

おそらく普段の満月のときよりもたくさんの人が,見えない月を見ていたことと思います。

月からすると,自分が見えていないときに一番注目されるという,複雑な気持ちだったのではないでしょうか。

とはいえ,天気にも恵まれて,数年に一度の見えない月を見れたのは,ある意味,ツキがあったということかもしれません。

                                                              (弁護士 安藤秀昌)