スタッフのコラム

つれづれなるままに・・・母親業(事務局)

 

 異常に暑かった夏も終わり、ようやく秋らしく気持ちのいい気候になりました。

 
 暑さ寒さも彼岸まで、との慣用句はよく使われますが、
 秋は秋分の日(つまり彼岸の中日)を境目に日が短くなっていくので、
 太陽の出番がどんどん短くなって暑さが和らいでいくことからこのように言われているそうです。春はこの逆です。

 

 今年の夏は電力不足による計画停電の準備もあり、
 節電の夏として、日常生活での節電意識が少しは高まったのではないでしょうか。

 

 わが事務所のエース、M弁護士は、自宅では一度もエアコンのスイッチを入れることなくこの夏を過ごしたそうです。すごい!!

 私も微々たるものですが、事務所ビルではエレベーターを(なるべく・・・)使わずに階段で2階まで(?!)上がったり下りたりしました。

 

 巷を騒がせた計画停電の影響は、わずかながら、娘の通っている小学校でもありました。
 簡易給食が数回実施され、最後の1回は“お弁当の日”となりました。

 もう高学年なので、キャラ弁は卒業かな?と思いつつ希望を聞いてみると、
 やんわりと“キャラ弁要望”があり、出来上がったお弁当がこちらです。

 まん丸おにぎりを作って、カニカマをのせただけの“超簡単(手抜き??)キャラ弁”
 お友達に見せたりしながら、楽しくお弁当の時間を過ごしたようです。
 その日は私の昼食もキャラ弁☆ 少しワクワクしながら食べました。

 

 日々の生活の中では、反抗期に入りつつある娘を相手に眉間にしわが寄ることもありますが、少しでも子どもの心に笑顔の花を咲かせていけたらと思います。

                                (事務局)