スタッフのコラム

春のあしおと (事務局)

 

寒い寒いと言っていた冬も終わりかな、と

日中は次第に春の暖かさを感じるようになりました。

 

春のはじめといえば、梅や菜の花をはじめ、いろいろな花を楽しめる季節ですね。

 

服部嵐雪という俳人の句で「梅一輪一輪ほどの暖かさ」というのがありますが、

梅の花が一輪ずつ咲くにつれて、少しずつ暖かくなっていくという意味だそうです。

 

 

ということで先日、梅見に行ってきました。

 

紅梅はまだこれからでしたが、

 

白梅はちょうど満開で、辺りはとてもいい香りにつつまれていました。

 

そして、ミツバチも白梅の花に寄ってきていました。

(少しわかりにくいですが・・・)

 

立派に咲き誇る春ならではの花々を見ると、心が穏やかになります。

 

梅の次は桜。

またお花見に行こうと思います。

                         (事務局)