相続について Q1

Q.先日、私の夫が亡くなりました。相続人は、私と2人の子です。遺言はありません。夫が残した財産の中に銀行預金があるのですが、遺産分割協議が成立しないと預金の払戻いを受けることはできないのでしょうか。 

 

 A.

現在,遺産分割協議が成立しないと預金の払い戻しは受けられないのが原則です。
過去には,預金は相続開始と同時に当然分割され,遺産分割を経なくとも各相続人は法定相続分に応じた預金の払戻しを銀行に請求できるとされていました(最高裁平成16年4月20日判決)。その後,預金の当然分割を認めず,預金を遺産分割の対象とする新しい判例が生まれました(最大決平成28年12月19日)。現在,実務はこの判例に従って動いているため,遺産分割協議前の預金の払い戻しは,原則として出来ません。
 
とはいえ,葬儀費用や当面の生活費として,どうしても故人の預金を払い戻したい場合もあるでしょう。このような場合,遺産分割調停もしくは審判を申し立てた上で,仮分割の仮処分を求めるという方法があります。ただし,前提となる遺産分割調停・審判の申し立てには,遺産の調査や相続人の範囲の調査等,複雑な手順が求められます。一度,弁護士に相談されるのがよいでしょう。
 
また,2019年(平成31年)7月1日からは改正民法が施行されます。この改正民法には遺産分割前の払戻し制度が創設されており,預金のうち一定額については,遺産分割協議を経ずとも,単独で払戻しを受けられるようになります。さらに,前述の仮分割の仮処分についても,要件が現在より緩和されます。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html