相続について Q2

Q.夫が死亡し、私と未成年の子が残されました。子は未成年ですが、私と子の間で、わざわざ遺産分割協議を行う必要はありますか。子の親として、子の相続に関しても私が決めてよいのでしょうか? 

 

 A.

 遺言によってすべての遺産の相続人・受遺者が指定されている場合を除いて、相続人が複数存在すれば、遺産分割協議を行う必要があります。共同相続人同士は、形式的には利害が対立する関係にありますから、あなたが親権者としてお子さんを代理して、一人で遺産分割協議をまとめることはできません。

 このような場合に、遺産分割協議を進めるには、お子さんについて、特別代理人をつけて、その特別代理人に遺産分割協議に参加してもらうことが必要です。なお、特別代理人は、お子さんの住所地の家庭裁判所に特別代理人選任申立を行い、裁判所に選任してもらうことになります。